眼精疲労の60%がドライアイも併発しているという事実

私はド近眼なんですが、ドライアイではないです。唯一の救いといっていいかもしれません。

目薬を持ち歩くこともないんですけど、よく目薬を差している人は街中でも学校でも会社でも見かけますよね。あれってやっぱり目が乾いているからなんでしょう。

ドライアイというのは、目の表面を覆っている涙の量が少ないため、角膜が部分的に露出してしまい、目の乾燥をおぼえたり、目にダメージを受ける状態をいいます。 乾燥肌の状態とよく似てますよね。涙が皮膚でいう皮脂と同じ役割を果たしていると考えるとわかりやすいです。

ドライアイは年々増えているということですが、原因は3Cであるということを聞いたことがあります。「パソコン」「エアコン」「コンタクトレンズ」です。

パソコン

画面を凝視することで、まばたきの回数が減り、目が乾くようになります。また、モニターの位置が目線よりも高いとその分、まぶたを大きく開くことになるので、 涙が蒸発する量が増えます。モニターは目線より必ず下にあるようにしてください。

エアコン

乾燥した環境では肌も乾燥しますが、目も乾燥します。暖房・冷房をとわずエアコンは室内の湿度を低下させますからエアコンの位置や風向きは要注意です。 加湿器を置くなどして乾燥を防ぐようにしましょう。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは角膜の知覚を低下させて、涙の量を低下させてしまいますし、コンタクトレンズとまぶた、角膜、白目部分の摩擦によっても乾燥が起きます。 ようするに目が乾燥するのは避けられないということです。

涙の分泌を低下させて、なおかつ涙が目の表面に広がるのを邪魔するのがコンタクトレンズで、集中して凝視するのでまばたきが減ってしまうのがパソコンやスマホです。

目はまばたきによって涙が目の表面を潤し、酸素や栄養分が補給されるので、まばたきが減るのは大問題なんですね。 なので、「パソコン+コンタクトレンズ」という組わあわせは、ドライアイになってしまう最恐の2トップだってことです。

この2トップを悪い意味でサポートしてしまうのが乾燥した環境であり、夜間の作業です。夜になると涙の分泌量が減るので、夜も頑張って仕事でパソコンを使っているという人は、 より目が乾きやすくなります。オフィスワーカーには明るい未来はありません。

ドライアイを防ぐために気をつけること

目を乾燥させないOA環境を作る

意識的にまばたきを増やすようにする

人工涙液を使って点眼する

コンタクトレンズを止めてメガネにする

夜のパソコン・スマホは控える

ドライアイを促進する3Cを避けるというのが一番のドライアイ対策になります。

目の乾きというのは、目の疲れを倍増させてしまいます。それを示すように眼精疲労の60%はドライアイだといいますし、 ドライアイの60%は眼精疲労だといいます。目が重いとか痛む、疲れやすいという問題の根っこがドライアイだというケースがよくあるってことです。

ドライアイは年齢を重ねれば重ねるほど、涙の質が低下するのでより悪化しますし、なぜかはわかりませんあ、男性よりも女性のほうが多いみたいです。 あらゆる条件が当てはまって絶望している人もいるかもしれませんが、治療法がないわけではないのが救いでしょうか。

ドライアイかどうか簡単に調べる方法

まばたきせずに何秒、目を開けたままにしていられるか時間を計ってみてください。問題なければ1分ぐらいはいけるはずです。 10秒持たないという人は間違いなくドライアイです。

ドライアイになったらどうするの?

ドライアイは私たちが暮らす現代の生活環境下では原因やリスクの排除は困難なのはお分かりいただけたと思います。 対策はあるにはありますが、それで絶対防げるかといえばそうではないからです。予防が難しいんですね。

だからこそ、知っておきたいのがドライアイの最新の治療法です。最新の治療法を知っておけば、 万が一発症したり重症化しても、慌てず騒がず冷静に対処できるからです。それに日本はドライアイ治療の最先進国なんです。知ってました?

人口涙液&ヒアルロン酸(軽度)

軽度のドライアイの治療には人口涙液やヒアルロン酸を含む点眼薬が使われます。涙の代役となるものを補って目の渇きを和らげるのが目的です。

ジクアス点眼薬&ムコスタ点眼薬(中度)

中度のドライアイの治療には、涙を構成する水分やムチン(粘液)の分泌を促す点眼薬であるジクアス点眼薬やムコスタ点眼薬が使われます。

自己血清点眼&目軟膏(重度)

重度のドライアイの治療には、血液を元にして作った目薬の「自己血清点眼」であったり、目に軟膏をそのまま塗りこむ「目軟膏」が使われます。

何をしてもダメな場合は、涙が流れていく出口にプラグを差し込み、目に涙をためるという手段を採用します。 俗にいう「涙点プラグ」です。この涙点プラグの応用が涙点閉鎖という手術で、文字通り涙点を焼いて完全に閉鎖します。

といった感じでドライアイの治療は非常に充実しているので何とかなります。

・・・・とはいえ、一番いいのはならないことですが。

軽度のドライアイであれば、目が乾燥するようなことをやめれば自然に回復するようですが、中度以降になると、角膜に傷がついており、 そこから細菌感染などもあるようなので、きちんと治療を受けたほうがいいとのことです。

というかやっぱりこうしてみるとコンタクトレンズが相当悪さをしているような気がします。私もコンタクトレンズをしているときは、 常に目がごろごろしていて不快でしたし、目が常に充血して血走ってました。今思うと酸素不足だったんでしょうね。

コンタクトレンズを止めるのが一番いいと思いますが、ドライアイ用のコンタクトレンズもあるようなので、そうしたものを使うということが 大事だと思います。目は替えが効きませんからちゃんと投資したほうがいいですよ。

白目をキレイにする目薬がある?

目を大きくするコンタクトレンズがあれば、白目にきれいにする目薬もあります。『バイシン』や『イノクサ』といったところが有名ですよね。 まぁドライアイや疲れ目がひどいと目薬したところで目の充血はとれませんけど。。。。

疲れ目対策・視力低下に関連する記事

スマホ依存が目に及ぼす影響

スマホ依存が目に及ぼす影響

歩きながら、モノを食べながら、寝る直前までetc...とにかくいつでもどこでもスマホを触りまくっているのが現代人です。 ただ、当たり前ですが、目にいいわけがありません。スマホによる弊害についてまとめました。

疲れ目対策の基本について

疲れ目対策の基本について

現代人はパソコンやスマホで1日中、目を酷使してますから、目の疲れを感じている人はとても多いはずです。 そんな疲れ目が気になる人に、ちょっとした休憩時間にできる疲れ目対策や1日の終わりにやっておきたい目の休息方法について紹介します。

覚えておきたい!視力回復の現在地

覚えておきたい!視力回復の現在地

最新の視力矯正法だったレーシックは現在、悪評まみれで信頼できない状態です。しかし、他にも視力矯正の方法はあります。 お金もかかるし、地域も限定されるので、限られた人しかできませんが、裸眼視力を取り戻す方法はあります。