30代以上の目の下のクマは寝ても消えない!?

寝不足が続くとできていたのが目の下のクマですよね。

大人になってハードなスケジュールを送っていれば、目の下のクマっていうのはあって当然だし、避けて通れないものです。 ただ、「うわークマがひどい」と思ってもしっかり寝れば消えると思ってますよね、普通は。

しかし、そんなある日、「あれ?最近しっかり寝てるのに目の下のクマが全然消えないぞ」と気づくようになります。 あるいは私のように普段メガネをしている人は何かの拍子にメガネを外した素顔をみて、今までとは違うクマの存在に気づきます。

寝て消える目の下のクマは「青クマ」。その他にあと3つのクマがある!

黒クマ・・・老化によるもの

赤クマ・・・老化によるもの

茶クマ・・・刺激・摩擦によるもの

年齢に関係なく、疲労やストレス、睡眠不足など、血行が悪くなることで出来るクマが「青クマ」と呼ばれるもので、 一般的に目元にできるクマというのは、この青クマのことを指します。

そのため、普通、クマができると、疲労やストレス、睡眠不足が原因だから、しっかり睡眠時間を取って休息すれば消えるものだと 思っている人がほとんどなんですが、紹介したように、血行不良が原因ではないクマというのがあるわけです。

なので、しっかり寝ても消えない、お風呂上りや運動した後など、血行が良い状態でも残っているという場合は、上に紹介したクマのうちのどれかです。

上を向いても皮膚を引っ張っても消えない&薄くならないクマは色素沈着が原因の茶クマです。 一方、引っ張ったり、上を向いたりすると色が薄くなるのが黒クマ、赤グマは皮膚を下に引っ張ると色が濃くなります。いずれも老化が影響しています。

「目が大きいor小さい」「彫が深いor浅い」「目の周りの脂肪が多いor少ない」といった目の周りの構造や骨格によって、目の下のクマの状態は左右されるので、 20代後半から目立ち始めるという人もいれば、40代になってもまったく目立たないという人もいます。

それから経験からいわせてもらうと、黒クマや赤クマは、シミのように小さいものが徐々に大きく広がってくるというような目立ち方ではなく、ある日突然といっていいぐらい、 短期間で一気に目立つようになるのが特徴です。なので、ショックがでかいです。

肌が白い人は、色のあるクマが余計に目立つということも覚えておきたいところです。色白は七難隠すといいますが、クマは隠せないどころかその存在を強調してしまいます。

シミと違ってメイクで隠せないので、そのときになってもっと目元ケアに気をつけるべきだったと後悔しても遅いです。というか全部私のことなんですけど(泣)。

ある日突然、黒クマや赤クマが発生する理由
黒クマや赤クマは、目の周りの眼窩脂肪というものを眼輪筋が支えきれなくなって、下垂してくれるのが原因です。 眼窩脂肪を支えきれなくなるのは、ある日突然凧の糸が切れるように起こるそうなので、黒クマも赤クマも突然できてしまうんです。

炭酸水パック&馬油のダブルアプローチで目の下のクマを緩和する

ずいぶん、長い前置きになりましたけど、本番はここからです。

老化による目の下のクマはどうしようもないのか?というと、完全に元の状態に戻すというのは難しいんですが今の状態を良い方に改善するということはできます。

そのための手段として紹介したいのが、炭酸水パックと馬油です。

目の下のクマに炭酸水が効果がるというのは有名で、その理由は、「血行促進作用があること」「ピーリング効果があり肌の新陳代謝を促す」があるから。 血行不良が原因の青クマや色素沈着の茶クマは炭酸水パックをすれば改善します。

黒クマや赤クマの場合も、血行不良があると余計に目立つということがあるので、やっぱり炭酸水パックをして血行を良くしておくと、見た目の色や症状を緩和することができます。

この炭酸水パックには唯一、皮脂を奪って乾燥するというデメリットがあります。そのため行った後は油分を補う必要があるんですが、 そこでおすすめなのが馬油です。火傷の塗り薬とか保湿クリームとして使っている人もいるでしょう。

この馬油ですが、保湿効果はもちろんのこと血行を促進する作用もあるんです。なので、炭酸水パックの乾燥してしまうという弱点を補いながら、 さらに血行を促進するという炭酸水パックの効果を倍増させる素晴らしい作用が期待できるというわけ。

炭酸水パック&馬油で期待できる効果

ピーリング効果(目元の色素沈着、くすみを解消)

血行促進の相乗効果

保湿効果+油分の補給

おそらく自宅でできる目の下のクマ対策としてできる最強の組み合わせだと思います。何より素晴らしいのはお金がほとんどかからないことです。 炭酸水、コットン、馬油の3つがあればいいわけですから。

目の下のクマにお困りならぜひ試してみてください。

美容整形で目の下のクマを解決するというのはあり!?

炭酸水パック&馬油の組み合わせでもどうにもならない、満足できないという場合は、もう美容整形の力を借りるしかありません。 ヒアルロン酸を注入してくぼみを埋めたり、目の下に飛び出してきた脂肪を取り除くといったことで対処するようです。

うまくいけばクマはきれいに消えるみたいなんですが、外部から異物を注入したり、逆に取り除いたりすることで、目の周りがボコボコになったり、 仕上がりがいまいちなこともあるようです。美容整形のHPに成功例しか載ってませんから、そうした失敗例はでてきません。

なので、必ず事前に国民生活センターでトラブルが起きてないか調べたほうがいいです。 ここから確認→http://datafile.kokusen.go.jp/menu/knsk_menu.jsp

問題や失敗があってはいけないのが医療の世界ですが、美容整形の世界においては魑魅魍魎といいますか、お金儲け目的のお医者さんがわんさかいて、 利益優先&患者無視の悪徳クリニックが多いという側面があります。

無料カウンセリングにいったら、キャンペーン価格が適応されるのは今日だけですなど、その日のうちに手術を勧められたとか、 セカンドオピニオンを嫌がるとか、医療従事者として、怪しいところがあるようなら、そこは止めておいたほうがいいと思います。

口コミサイトは同業者の嫌がらせもあり、正しい判断ができない。
お伝えしたとおり、美容整形の世界は魑魅魍魎としています。口コミサイトなんかもありますが、同業者が嫌がらせで悪口やマイナス評価をしていることもありますし、 逆にお金を払ってよい口コミを書いてもらうということもやってますから、情報を鵜呑みにするというのは危険です。

目元の4大悩みケア方法に関連する記事

目元の乾燥・小じわ対策

目元の乾燥・小じわ対策

乾燥とそれにともなうちりめんじわについては実は年齢に関係なく発生するものです。皮脂の少ない女性は特に影響がでやすいので、 目元の保湿というものもしっかり考えてスキンケアをしないといけません。

目尻のシワ対策

目尻のシワ対策

目尻のシワは「笑うと目立つ」という状態からスタートして、そのうち笑わなくてもシワが刻まれている状態になってしまいます。 まぶたは動きの激しい部分だけに折り目がつきやすく、シワができるのもあっという間です。目尻のシワもやっぱり女性のほうが早くでてきやすいです。

目元のたるみ対策

目元のたるみ対策

目元ケアについていろいろ調べていくと、いろいろな疑問が浮かぶはずですし、さまざまな噂、都市伝説を目にするはずです。 そんなものをひっくるめて1つ1つに回答&解説を加えたのでよろしかったらチェックしてみてください。