目元ケアについての質問に答えるぞ!

目元ケアを行ううえでの不安な点は?

ここでは普段、目元ケアを行っていくうえで疑問に思っていることや実際のケアをするなかで出てくる悩みについて、まとめて答えて行きたいと思います。

アイケアは早めにはじめるべき?

アイケアは何歳ぐらいからはじめたほうがいいですか?早ければ早いほどいいですか?

眼輪筋エクササイズのようなトレーニング系の目元ケアであれば、早ければ早いほどいいと思いますが、目元専用美容液やアイクリームを使ったケアというと、25歳を過ぎてからのほうがいいような気がします。

やはりケアする以上はどうしても刺激と摩擦をあたえてしまうので、そのメリットとデメリットを考えると、年齢が早いうちは刺激と摩擦によるマイナス面の影響のほうが大きいかと。 ある程度の年齢にいってからだとケアするメリットの方が実感できるんですけどね。

年齢に関係なく、いますぐ取り掛かったほうがいい目元ケアとしては、アイプチだとかアイメイク&クレンジングといった毎日の刺激と摩擦をできるだけ減らすこと。 それから紫外線対策です。大きなレンズのサングラスをして目元を覆ってUVカットしてください。

まずは、眼輪筋エクササイズと紫外線対策を

むくみや血行不良の影響を受けやすいのはなぜ?

Q.朝起きたときのむくみや寝不足のクマなど血行不良の影響を目元が受けやすいのはなぜ?

日中は重力の関係で水分もリンパも下に流れるようになっているので、足にむくみが集中しますが、 寝ている間は、水平になっている身体に水分が均等に移動します。 そんななかで、目元のむくみが特に目立つのは、その部分の皮膚が薄いからです。

むくみは塩分の摂りすぎや水分の摂りすぎが原因だったり、代謝不良が起きていると出やすいですし、目の下のクマがより強調されてしまうので、けっこう厄介ですよね。

睡眠不足や疲労・ストレスによる血行不良の影響を受けやすいのは、目の周りに、細動脈・細静脈・毛細血管といった細い血管がたくさんあるからです。 しかも肌の浅いところにあるので、ヘモグロビンが減少し、黒くくすんだ血液と血管の色が透けて見えてしまうというわけ。

皮膚が薄いので肌内部の細胞の状態や血液の状態が透けて見えやすいから

がっつり目のアイメイクをしてますが、やっぱりまずい?

濃いアイメイクを毎日してますが、目元が老ける原因になりますか?

メイクアップ化粧品は、界面活性剤であったり、その他さまざまな化学成分が配合されていますから、 それがバリア機能を破壊したり、皮膚の常在菌の活動を阻害してしまうので、肌に良いとはいえないものです。

さらに、もっと悪いのはそのメイクを落とすクレンジングで、肌のセラミドなど潤い成分を溶かし落してしまうので、 ただでさえ、弱い目元のバリア力をさらに弱らせる可能性があるんですね。

濃いアイメイクをするとなると、洗浄力の強いクレンジングを使うので、余計に肌のうるおい成分が溶け落ちちゃいますし、 かといって弱いクレンジング剤では汚れが落ちないのでゴシゴシ擦るというこれまた肌に負担がかかることをしてしまいがちです。

たまに濃いアイメイクをするというのであれば、まだ肌の回復力も追いつくと思いますが、毎日となると厳しいでしょうね。 メイク以上にクレンジングのほうが肌には悪影響を与えます。

できるだけクレンジングの回数を減らすことが大事です。

スマホやPCのやりすぎで、目元が老けるってマジ!?

スマホやPCのやりすぎで、目元が老けるってマジ!?

スマホやPCの画面を凝視することで、眼輪筋が緊張するので、それが目の下のたるみに影響することはあるかもしれません。 ただ、一番の影響は、スマホやPCの液晶画面から発せられるブルーライトの影響で睡眠の質が落ちることでしょう。

睡眠の質が低下すれば、睡眠中に行われる肌の再生や修復、身体の各部位への栄養や酸素の運搬がうまくいかなくなりますから 細胞や組織の機能の低下が起こり、それが老化を促進させても不思議ではありません。

スマホを見る前かがみの姿勢が首に負担をかけるので、首の筋肉のコリや緊張の余波が顔のたるみやおでこのシワなどにでてくるという先生もいます。 まぁ姿勢が悪くなれば、老けてみられるのは間違いないですよね。

目元以上に首に大きな負担が。体全体に波及して全体が老けた印象に。

目が大きいほど目元の老化が早いという噂は?

目が大きいほど目元の老化・劣化が早いというのは本当?

というようにいわれていますよね。

目が大きいことで、まばたきの動きが大きくて、その分まぶたに負担がかかっているからとか、眼球が大きく重いため目の周りの筋肉に負担がかかりがちで、 加齢の影響で筋力が弱くなってくると目の下にシワやたるみができやすいというのがその理由みたいです。

これについて解説すると、眼球の大きさについては人によってそんな差があるわけではないです。違いがあるのは、まぶたの厚さなど目の周辺の構造。 一重の人がアイプチで二重にすると目が大きくみえるようになりますが、別に眼球が大きくなったわけではないですよね?まぶたの状態が変わっただけです。

目の周りの骨格的な話をすると、二重まぶたの人は一重まぶたの人に比べて、まばたきする際にまぶたに摩擦が余計にかかっているというのは事実で、 その分、まぶたのたるみや目尻のシワができやすいです。

それから骨格よりも眼球が飛び出している前に出ている場合(特に強い近視の人など)目の下の部分が膨らみやすく、加齢でそこにハリがなくなってくると たるみにつながりやすいというのはあります。

もしかすると目が大きい人というのは、この両方の特徴が合わさっている可能性があります。 また、目が大きくはっきりしている人の場合、どうしても視線がそこに集まるので、ちょっとしたシワやクマ、たるみが余計に目立つということもあるでしょうね。

目の周りの構造によって、シワやたるみができやすいということはあります。

つけまつげ、エクステのせいでまぶたが垂れるって本当

つけまつげ、エクステのせいでまぶたが垂れるって本当

つけまつげやエクステをするというのは、地まつげに重石をのせるようなもの。まぶたの皮膚がつけまつげやエクステの重さに引っ張られてしまって コラーゲンやエラスチンといったハリ・弾力成分が裂けてしまうのでまぶたが伸びてしまうのは本当のことです。

他にもアイプチであったり、コンタクトレンズの付け外しをする際に上まぶたを引っ張るという場合もまぶたに負担がかかっています。 つけまつげやエクステ、アイプチなどは接着剤のせいでかぶれたりもするので、それも目元を老けさせる原因になってますよね。

つけまつげやエクステはまぶたのことを考えるなら止めたほうがいいです。地まつ毛を伸ばすように頑張ったほうがいいですよね。 馬油を使ってケアすれば太く濃いまつげが育つのでやってみてください。

本当です。眼瞼下垂という状態になってからでは遅いです。

目元ケアの方法とQ&Aに関連する記事

刺激と摩擦を避けること

刺激と摩擦を避けること

刺激と摩擦を避けること 目元ケアの基本中の基本がこれ。頑張ってケアしようと思えば思うほど、焦れば焦るほど、ケアする指や手に力が入ってしまうので、 それが逆効果になってしまいます。 アイケア用品を使えば使うほどいいわけではないってことです。

アイクリームはまだ買うな!

アイクリームはまだ買うな!

化粧品会社や私たちの弱みにつけこんで、次々と商品を送り込んできますが、アイクリームなんかもそのひとつですよね。 目元ケアにはアイクリームを使わないとダメなのかな?と思っている人がいれば「ちょっと待った!」その理由を解説します。

眼輪筋&表情筋エクササイズ

眼輪筋&表情筋エクササイズ

化粧品会社や私たちの弱みにつけこんで、次々と商品を送り込んできますが、アイクリームなんかもそのひとつですよね。 目元ケアにはアイクリームを使わないとダメなのかな?と思っている人がいれば「ちょっと待った!」その理由を解説します。